理系大学生Nさんインタビュー

今回は理系の大学に通いながらIT企業において有給インターン生として活躍されているNさんにインタビューをさせて頂いた。

C,Javaを理系だったので、大学の授業で1,2年生の頃からやっていました。

ただ高校生のときには、特にプログラムを書いたことがあるということはありませんでした。また大学1,2年生のときは、プログラムを書きたいとはまったく思っていませんでした。むしろプログラムを書くことは苦痛でした(笑)

というのもいきなりC,Javaを書くということだったので、特にC言語が敷居が高かったです。ポインタの理解などに苦戦していました。もっとスクリプト言語から授業に入るなどの工夫があっても理系大学はいいのではないかという気がします。

そして、2年生のときに自分で少し勉強がてら学校でJavaを勉強していましたし、サンプルコードなどをベースにAndroidアプリを作ってみました。そして3年の春には、自分が当時所属していたサークルにはホームページがなかったので、自分がそのサイトのWebサイトをたまたま作ることになりました。

手探りでしたが、Webで検索しながらでしたが、なんとかWebサイトを作ることができました。このときは学校の授業の中で、1,2年生のときによく意味もわからず、これがなんになるのかいまいちよくわからないままプログラムを書いていると違い、楽しいな、もっと作れるようになりたいなと思うきっかけになりました。

やはり作るものありきで作る経験を積むほうが自分自身も楽しいですし、覚えも早いように思います。このホームページをつくってから、もっと自分で作れるようになるような環境に身をおきたいと思い、IT企業でのアルバイトを探しました。

そのアルバイトはテストをやらせてもらうようなアルバイトだったのですが、今から振り返ると失敗したなと思っています。当時エンジニアインターンのような、どのようなスキルを磨くことができるのかがわかり、大学生を受け入れてくれることを前提としている企業の有給インターンを募集しているような媒体があれば、学習支援金ももらえますし、このサイト経由で有給インターンに申し込んでいたと思います。

大学3年の春から結局テスターとしての仕事を始め、半年ほどアルバイトをしたわけですが、プログラムを書くというわけではありませんでした。開発からテストまでの手順が実際の現場でどのような手順で行われているのか知るという意味では良い経験になったかもしれませんが、プログラムは書いていないので作る力が向上したという感覚はありませんでした。

そこで周囲の友達でAndroidのアプリの開発を始めた友達がいたことにも刺激を受け、自分ももっとプログラムを書くような環境に身をおきたいということで、この会社でのアルバイトを辞めて、別のホームページを作っている企業でアルバイトをするようになりました。

ここでようやくプログラムを書く機会に恵まれました。最初はちょっとしたサイトの修正作業をするくらいだったのですが、しだいにjQuery Mobileを使ったスマートフォン用のサイトの実装やCake PHPというPHPのフレームワークを使ったサーバサイドプログラムの実装など今まで経験したことのない、非常に貴重な経験を積ませてもらったと思っています。

デザイナーとどのように分業し、作業を進めればいいのかなどもここのアルバイトの経験を通じて学ぶことができました。大学の4年になってからは大学の研究室に入り,Pythonで自然言語処理関連のプログラムを書くようになり、現在は卒業論文を書くためのコードを書いています。すでに就職活動も終えていて、大手IT企業から内定を頂いているのですが、

これもやはり大学3年生の時点から有給インターンに取り組んでいたことが大きかったように思います。

これからはプロジェクトマネジメントに関する知識などもつけて、プロジェクトを回せるようなエンジニアに成長していけたらと思っています。

大学生のうちからプログラミングができる有給インターン・アルバイト募集はこちらから

おすすめの記事