[就活イベント]1日完結。現場のプロエンジニアのサポートのもと、Sinatraを学ぼう

2016年3月から2018年3月までに卒業予定の学生対象。経験豊富なエンジニアのサポートのもと、1日完結でSinatraを学べる就活イベントを開催します。Sinatraは軽量のアプリケーション開発に特化したDSL(Domein Specific Language)です。就活を機に自分のプログラミング能力を高めたい方におすすめ。

就活イベント!RubyはRailsだけ?そんなことはない!Sinatraを学ぼう!

プログラミングをやったことがあり、知識は一応あるが、就活のためもっと本格的に勉強したい。自分の使える言語の幅を増やしたい。そんな方にエンジニアインターンはこの就活イベントをオススメします!

RubyでWebアプリケーションを作ると言ったときに一番引き合いに出されるのはRuby on Railsでしょう。Model View Controller(MVC)アーキテクチャに則ったWebアプリケーションフレームワークであるため、少ないコードで、簡単にアプリケーションを作ることができるからでしょう。

今回扱うSinatraは逆に、MVCアーキテクチャに基づかないWebアプリケーションフレームワークです。そのため、MVCに縛られない不必要な部分を削ぎ落とした小さく、柔軟性のある開発が可能となっています。軽量のアプリケーションに関してはこのSinatraを使う方が圧倒的に良いでしょう。

実はApple、LinkedIn、GitHub、BBCなどでも採用されています。RubyにはRails信者が多いですが、ここでSinatraも使えてささっとコードを書けたらかっこいいですね。ぜひ参加してSinatraへの一歩を踏み出しましょう。

RubyがどのようにLinkedInで使われているかが説明されています

プロの講師を招き、1日完結でしっかり学べる!

エンジニアインターンが厳選した、プログラマーとしての実務経験が豊富なプロの方がお教えします。1日完結のイベントのため、当日は簡易的な制作となりますが、その分スピーディーに、どのようにコーディングすれば可読性の高いコードになるのか、機能拡張を踏まえた書き方をするにはどうすればよいのかなど、実践的な内容を学ぶ事ができます。Sinatraの醍醐味を味わえる絶好の機会となっています!ただし、サポートの関係上定員は15名までとさせていただいておりますので、ご注意下さい。

わからないところがあってもその都度、プロのエンジニアが対応してくれます!

イベント参加後は、インターンのオファーをもらえる場合もあります!

一定のプログラミングスキルがあると判断された場合には、エンジニアの方よりインターンのオファーを打診される場合もあります。Rubyを用いた開発ができる企業でのインターンを考えている人にも、ぜひご参加いただければと思っています。

イベント概要

【コンテンツ】

  • Sinatraの利点
  • Sinatraの導入
  • ハンズオンでのサンプルプログラムの構築

※内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

【定員】

最大15名

【参加条件】

  • 2016年3月〜2018年3月の間に卒業予定の学生
  • 当日WindowsもしくはMacPCを持参いただける方

※PCの貸出は行っておりません。予めご了承くださいませ。

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

【日時】

随時開催中

【場所】

東京都千代田区一番町17-6 一番町MSビル2F

【参加費用】

無料

【持ち物】

WindowsPC または MacPC

【主催者・問い合わせ先】

エンジニアインターン運営事務局:info@codeal.asia または 03-6869-2688

お申し込みはこちらから

イベントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

おすすめの記事