開発に国境は関係無い。オフショアに積極的に取り組む企業でエンジニアインターンしてみませんか?

コスト削減の波はもちろんIT業界にも。

これまで製造業で多く見られていた、「日本で製品企画→海外工場で製造→日本もしくは世界に向けて販売」という流れが、ソフトウェアやアプリ開発にも訪れています。上流工程は日本で行い、開発は海外の開発会社・子会社で行うといったオフショア開発という手法で、日本のIT企業の約45.6%がオフショア開発を行っているというデータもあります。

人件費の安い海外で開発をすることでコストを削減できるのはもちろん、日本国内では優秀なエンジニアが不足していることも大きな要因です。

しかしオフショア開発には課題点も多くあります。やはり一番大きいのは、言語の違いによるコミニュケーション相違。開発に時間がかかり、結果的に見るとコストはとんとんな状態になってしまうことも多くあります。また、納期に対する考えや、いかに真面目に取り組むかという点では、やはり国や文化によって相違が生まれてしまうこともあります。 

学生のうちからこういった開発に触れておくことで、課題点を踏まえた上で上流工程を担う人材として、活躍できるエンジニアになれるのではないでしょうか?オフショア開発をしている会社をご紹介します。

株式会社Fig Leaves

動画・ウェブサイトの制作、ゲーム制作の事業を行っています。

特にウェブサイト制作の部門では低コスト・ハイクオリティを実現するために、国内のみならずインドでのオフショア開発を行い、特にベンチャー企業のウェブサイト制作を行っています。グローバルな観点をお持ちの方にオススメです。

自社での開発はRubyやSwiftのプロジェクトが多いですが、PHPやPythonなどの案件もあります。

株式会社Fig Leavesのエンジニアインターンシップ求人情報はこちら 

appArray株式会社

AppStoreで有料の総合1位の『本気で英会話!ペラペラ英語』と『最後の英単語学習!マジタン』といった語学教育系アプリを開発しています。

英語が堪能なメンバーがインドや中国のオフショアのプログラマーや欧米のデザイナーに外注をすることで効率的にクオリティの高いアプリを自社開発しています。

appArray株式会社のエンジニアインターンシップ求人情報はこちら 

おすすめの記事