Rails3系で開発する際においておさえておきたい10個の要点を列挙してみました

engineer_intern_rails3

今回の記事では、Rails3系で開発する際においておさえておきたい要点について、列挙してみました。

1. ActiveRecord を使ってセッション情報をDBに保存可能

2. セッション情報テーブルを作成するためのマイグレーションファイルは、rakeコマンドのdb:sessions:createタスクで生成できる

3. フォームに入力された値を取得するには、paramsメソッドを使う

4.管理画面などを作成する場合には、URL もそれに対応付けられたコントローラもメインのものとは区別したくなることがある。そのような場合には、名前空間を分けるとわかりやすい。ルーティング定義で名前空間を分けるには、namespaceメソッドのブロック内でルーティングを定義。

5. Rails にはBasic認証をかける仕組みが備わっている。Rails でBasic 認証を使うには、authenticate_or_request_with_http_basicメソッドを使う。

6. アプリケーション内からSSLが有効かどうかを判別するには、requestオブジェクトのssl?メソッドを呼び出す。

7. リバースプロキシ環境でSSLかどうか判定するリバースプロキシを使っている場合、ブラウザとリバースプロキシの間はHTTPS で通信するが、リバースプロキシとRailsアプリケーション間では暗号化していないHTTPでの通信という構成をとることが多い。そういった環境でHTTPSでの通信であることを伝えるには、HTTP_X_FORWARDED_PROTO ヘッダに「https」を設定して対応。

8. ActiveRecord はcreated_atカラムとupdated_atカラムに、それぞれレコードの作成・更新時刻を自動的に記録する。

9. Rails でメールを送信するには、ActionMailer::Baseを継承したメール送信クラスを使う。

10. Rails には、テストを書きながら開発を進めるための仕組みも備わっている。Rails で使用できるテスティングフレームワークには、標準のtest/unit ベースのもの以外にも、RSpecとそのRails プラグインであるRSpec-Railsがある。

Railsでの開発に挑戦してみたい方はこちらの記事もどうぞ

おすすめの記事